*

ピュアメーカーの使い方・セットアップ方法

ピュアメーカーを始めて使う場合、カートリッジ交換時のセットアップ方法、基本的な使い方を見ていきます。

 

初めて使う場合やカートリッジ交換時のセットアップ方法

1. 精製水カートリッジを装填

img2

タンクふたを開けて、精製水カートリッジを開封してセットします。

原水タンク底部と水平、または下までちゃんと装着できていない場合は、濾過材に通水できずに、精製水が採水出来ない場合があります。しっかりと最後まで水平に挿入するようにしましょう。

精製水カートリッジを交換する場合、本体に残っている水を捨ててから新しい精製水カートリッジと交換します。本体底部にゴミやホコリが溜まってしまっている場合があるので、必要に応じてお手入れもしておきましょう。

関連記事:ピュアメーカーのカートリッジの使用期限や交換タイミング

精製水カートリッジは、湿気ている状態ですが問題ありません。

2. 精製水カップを設置

img2_2

精製水カップに、カップふた、切り替えカバーを設置。切り替えカバーは前後が逆になってしまうと、本体に設置ができないので、山なりに出っ張っている部分が取手側になるように設置しましょう。

3. 初期洗浄

● カップふたを開けて、精製水カップに水道水をMAX1500mlラインまで注ぎます。

● 精製水カップの水道水を原水タンクに移し、精製水カップを本体にセットします。
セットできたら、原水タンクから精製水カップに水が採水できていることを確認します。

精製水カップは最後までしっかり挿入しておかないと、精製水が漏れてしまう可能性があります。カップふたの切り替えカバーがちゃんと設置できていないと、精製水カップが本体に挿入できません。

● 濾過が終わったら、精製水カップの水を捨てます。

最初の使用時・カートリッジ交換後は、本体に約800mlの水が残るので、採水量は、700mlとなります。初期洗浄で採水した水は必ず捨てるようにしましょう。着水した水がでることもあるようですが、品質上問題ないそうです。

新品の精製水カートリッジへの交換後や、長期使用しなかった場合も同様の操作を行ないましょう。

 

ピュアメーカーの基本的な使い方

1. カップのふたを開けて、必要量の水道水を入れます。

img1

容器が溶けたり発熱の原因となってしまうので、40℃以上のお湯や水以外の液体は使用しないようにしましょう。

 

2. 原水タンクに1の水を移して、精製水カップを本体にセット

img1_2

精製水カップがちゃんと挿入できていないと、精製水(純水)がもれてしまう可能性もあるので、精製水カップは最後までしっかり挿入しましょう。

カップふたの切り替えカバーが正しく設置されていない場合、精製水カップが本体に挿入できません。

原水タンク内にゴミが購入してしまわないように、タンクふたはしっかり閉めて使用しましょう。

精製水カップに水道水が残ってしまった状態では使用しないようにしましょう。

 

▼ 公式サイトはこちら ▼

ピュアメーカー公式ページへ

ピュアメーカー公式サイトへ

 

関連記事

カートリッジ

安心の精製性能 イオン交換フィルターカートリッジ

安心の精製性能をほこる、「ピュアメーカー」のイオン交換フィルターカートリッジについて。 &nb

記事を読む

カートリッジ交換

ピュアメーカーのカートリッジの使用期限や交換タイミング

ピュアメーカーのカートリッジでどのぐらい精製水を作ることが出来るのか、カートリッジの使用期限

記事を読む

精製水チェッカー

精製水チェッカーで性能チェック

カートリッジの性能は、精製水チェッカーを使ってチェックします。   精製水

記事を読む

低価格の精製水器

ピュアメーカーなら1Lあたり14円から!安い価格で精製水が作れて経済的

ピュアメーカーは、「1lあたり14円」と言う低価格で精製水を作ることができるといいますが、計算してみ

記事を読む

精製水器ピュアメーカーの特徴・メリット

ピュアメーカーの使い方や特徴をいろいろ見ていくと、メリットがかなりありそうです。  

記事を読む

  • ピュアメーカー公式ページ
  • 「精製水の作り方.com」には個人の感想も含まれていますので、口コミや効果などを保証するものではありません。当サイトにある情報により、如何なる損害を受けても責任を負えませんので、あからじめご容赦ください。 また、記載されている価格や機能などの情報は、投稿時点のものですので、内容が更新されている可能性があります。 最新情報は公式ページからご確認下さい。
PAGE TOP ↑