*

精製水と蒸留水は別のもの?どんな違いがある?

精製水と蒸留水

蒸留水と精製水は別のものなのでしょうか、違いについて見ていきます。

 

蒸留水とは

水を沸騰させて水蒸気にしてから、冷却して液体に戻して、不純物を取り除いた純水です。

この過程を「蒸留」と呼び、蒸留によりできた水が蒸留水です。

簡単にいうと、やかんやお鍋などでお湯を沸かした時に発生する、白い水蒸気を冷却して液体に戻したもの(実際に販売されているものは、もっとキレイな環境で作られていますが・・・)。

純度の高い水として古くから利用されてきたものです。

現在は、水の純度を上げる方法は他にもいろいろあり、比較的コストがかかる方法となってしまっています。

海水を飲むための水に利用するためにも、蒸留は使われます。

 

自分で作る

純度を求めないのなら、自分で作ることもできます。

ネットで検索すれば方法はいろいろ出てきます。

沸騰させた後に冷ました水ではなく、水蒸気にしてから冷やして水にしたのが蒸留水です。

お湯を沸かせて出てきた湯気を水に戻したものです。間違えないようにしましょう。

 

購入する

蒸留水もネット通販サイトなどで購入することができます。

 

精製水と蒸留水の違い

精製水を、「精製された水」という意味でとらえた場合は、蒸留水も精製水のひとつと言えます。

販売されている精製水は、一般的に蒸留やイオン交換、濾過などを組み合わせたシステムにより、純度を高めて作られたもの。

特に「日本薬局方規格」をクリアしているものは、多くの精製方法を経て基準をクリアするように作られています。

蒸留水は「蒸留水」として販売されていることが多いです。

 

関連記事

【純水】精製水とイオン交換水の違いってなに?

この世界には、「純水」である水と、そうではない水が存在しています。 イオン交換水という

記事を読む

精製水の使用期限

精製水の使用期限|開封後・未開封の場合はどのくらいもつ?保管方法は?

「精製水がなかなか減らないんだけど使用期限はあるの?」 「開封したらどのくらいで使いき

記事を読む

  • ピュアメーカー公式ページ
  • 「精製水の作り方.com」には個人の感想も含まれていますので、口コミや効果などを保証するものではありません。当サイトにある情報により、如何なる損害を受けても責任を負えませんので、あからじめご容赦ください。 また、記載されている価格や機能などの情報は、投稿時点のものですので、内容が更新されている可能性があります。 最新情報は公式ページからご確認下さい。
PAGE TOP ↑