*

【純水】精製水とイオン交換水の違いってなに?

225156bee7dc616827c67c01a32666fd_s

この世界には、「純水」である水と、そうではない水が存在しています。

イオン交換水というものがありますが、精製水との違いはどんなものなのでしょうか。

 

純水とは?

純水は、不純物を一切含まないか、ほぼ含まない、純度の高い水のことです。

この純水は、自然界には属していますが、日常生活では、ミネラルウォーターや蒸留、人工的に浄水器で濾過された水がその代表例です。

水道水は、殺菌や消毒のためにカルシウム、塩素等が含まれていて、人体には無害なものの「純水」とは違います。塩類・塩素・微粒子・有機物・ガスなどが水道水には含まれています。

純水は、これらのうち主に、塩類や塩素がほぼすべて除去された状態を意味します。

簡易的に純水を作るには、フィルターを使って濾過する方法があります。

水道水を単純にフィルターなどで濾過したり、活性炭などを通しただけでは「純水」にはなりません。

逆浸透膜を通した「RO水」、イオン交換樹脂などによりイオンを除去した「脱イオン水」、蒸留器で蒸留された「蒸留水」などと呼ばれます。「精製水」も純水です。

 

イオン交換水とは?

水道水には不純物が含まれています。

そのことから、実験等で水道水を直接使用すると、含まれている不純物の影響が出てきてしまうのです。

イオン交換樹脂というものをつかって、水道水の不純物を取り除かれます。

そうやって不純物が取り除かれた水が「イオン交換水」です。

 

イオン交換樹脂

イオン交換樹脂での精製はイオン化した不純物しか取り除くことはできず、水に溶けた気体や細かい固体などは分離することができません。

原水に含まれる鉄やニッケル、カルシウム、ナトリウム、マグネシウムなどの金属イオンを水素イオンに置き換える「陽イオン交換樹脂

塩素イオンや炭酸イオン、ホウ酸イオンなどのアルカリ成分を水酸イオンに置き換える「陰イオン交換樹脂

によって、脱イオン化されます。「脱イオン水」とも呼ばれます。

イオン交換により、精製された純度の高い水(純水)なので、精製水のひとつとなります。

 

イオン交換樹脂などのフィルターで作られた「イオン交換水」は、ほぼ全量を採水できて、でき上がったものは、きわめて純水に近い水であり、精製水の違いといえば本物の純水に近いものと思われています。

イオン交換水はその過程で炭酸ガスなどでろ過されているものもあって、極めて純水に近くなります。精製水の違いはこの点が大きいですが、このようなフィルターで作られた純水が使われていることが多いそうです。

より純度の高いものは「超純水」とも呼ばれたりします。

 

関連記事

精製水と蒸留水

精製水と蒸留水は別のもの?どんな違いがある?

蒸留水と精製水は別のものなのでしょうか、違いについて見ていきます。   蒸

記事を読む

精製水の使用期限

精製水の使用期限|開封後・未開封の場合はどのくらいもつ?保管方法は?

「精製水がなかなか減らないんだけど使用期限はあるの?」 「開封したらどのくらいで使いき

記事を読む

  • ピュアメーカー公式ページ
  • 「精製水の作り方.com」には個人の感想も含まれていますので、口コミや効果などを保証するものではありません。当サイトにある情報により、如何なる損害を受けても責任を負えませんので、あからじめご容赦ください。 また、記載されている価格や機能などの情報は、投稿時点のものですので、内容が更新されている可能性があります。 最新情報は公式ページからご確認下さい。
PAGE TOP ↑